ロシアンライカ Zorki-4 × Jupiter-8

Filed in Camera Leave a comment

ネタが無い時はカメラネタ!(意外と検索に引っかかるし)

こんばんわ。午前0時のナイトフライヤー、ジェットトシノブです。

f:id:me_262:20090526022521j:image

以前も触れましたが、昔はカメラの転売でお小遣いを稼いでいました。主な仕入れ先はウクライナです。ロシアンカメラを個人輸入しておりました。

今回はその名残で4年ぶりくらいに手元へ帰ってきたZorki(ゾルキ)-4のお話。

Zorkiシリーズは元々、ドイツのライカコピーから始まりました。いわゆるバルナック型のライカのコピーです。

当時(1930年代~)カメラは軍需物資で、戦場には欠かせないものでした。

そこで当時のソビエトは敵国ドイツのカメラ(ライカ)をコピーして自国で生産したのです。ソビエトとドイツは国家のシステムもまるで違う別世界。特許なんて知った所じゃありません。出来上がったカメラは、まるでライカそっくりでした。

もちろん製品の精度は、ドイツマイスターが作るライカとは比べ物にならないものです。手に持った瞬間に「ああ偽物だ」とわかります。しかしそれでも撮れればオッケーなのでソビエトお得意「複数の工場による超大量生産」を行います。設計も工場ごとにバリエーションがありますがここでは割愛。

結果、世界に溢れるほどのZorkiシリーズが生産され、戦争終了後も独自の改良され続け本家ライカとは別の進化の道を辿る事となりました。

そんな「カメラ界のガラパゴス諸島」ロシアンカメラは実に愛おしい。作りの悪ささえ愛すべきカメラなのです。しかし、レンズはさすが軍事用のJupiter-8。ライカに負けてません。

f:id:me_262:20090526022814j:image:left

f:id:me_262:20090526022825j:image:left


コントラストが低いですが、そこがオールドレンズらしいと思います。

シャープなので見辛いと思う事はありません。室内で撮ると更にいいです。

f:id:me_262:20090526022728j:image:right

ちなみにZorki-4で撮る時はコシナ=フォクトレンダー製のVCメーターIIという露出計を装着しています。まあ晴天時に外で撮る分にはあまり必要を感じませんけれど、付けた方が若干カッコいい気がするので。

色も、ライカのキラキラしたメッキよりZorki-4の質の悪いざらざらメッキの方が近いのでちょうどいいです。

, ,

TOP