Minolta CLE用にVoigtlander Nokton Classic 40mm F1.4

Filed in Camera Leave a comment

f:id:me_262:20090917175246j:image

長野県の株式会社コシナのフォクトレンダーブランドより発売されているノクトン・クラシック40mm(シングルコーティング版)を手に入れました!

というのも、本当はミノルタCLE用にはライカのズミクロン35mmというレンズでいくつもりだったのですが、こんな理由で使えない事が判明。カラースコパー35mmを使用してはいたものの、若干デザインに違和感があり、そもそもCLEのファインダーフレームも35mmに対応していないという現実。

(CLEは28mm 40mm 90mmに対応している)

「ここはやはり40mmレンズを買わなければ!!」

ライカM7を使うのがもったいないとの理由でCLEを買ったつもりが、いつの間にか趣旨を忘れてCLE専用のレンズを買うはめになったわけであります。

もはや手段の為に目的を選ばない状態ですね。

世の中に流通している40mmレンズは実は数が少なく、ロッコール/ズミクロン40mm f2.0と、今回のフォクトレンダー・ノクトンクラシック40mm f1.4しかありません。

ロッコールのコンパクトさも捨てがたかったのですが、ここはやはりf値の大きなノクトンクラシックを選択しました。ロッコールは20年以上前の製品で不安もあったしね。

f:id:me_262:20090917175428j:image:left

ということで毎度前置きが長いですが、ノクトンクラシックです!!

f1.4の大口径ですが、本体は超コンパクト。

さすが実質CL/CLE専用に作られたレンズだけあって、本体とのマッチングも問題無しです。

本当はマルチコーティング版が欲しかったのですが、どうやら限定で発売されたシングルコーティング版の方が流通量が多いのか、それしか見つけられませんでした。まあ比較記事読む限りは違いは殆ど無いようなので気にしない事にします。

f:id:me_262:20090917175544j:image:right

レンズキャップはバネで固定するタイプ。

現代風な仕組みで凝った造りですが、凝り過ぎててあまり格好よくありません。

うっかり脱落の危険性が無いのは良い事だと思うんだけど・・・

全体的にはとても造りがいい感じがします。

CLE以外で使うとフレームが微妙に合わないのが難点です。

f:id:me_262:20100211211138j:image:left

さて、さっそく撮影に出かけてきたわけですが、そこで気がついた点が一つあります。

ファインダーフレームの40mm対応はいいのですが、同時に28mmフレームも出てしまうという事。

こんなことされちゃったら、28mmレンズも欲しくなっちゃうじゃないか・・・!


, ,

Leica M9 が発売されました

Filed in Camera Leave a comment

ついに発売されましたライカM9

昨年発売された ライカM8.2からわずか1年での発売とは、独特の時が流れる異次元ライカ社としては異例の早さです。

それだけデジタルカメラの世界は時の流れが速いのでしょうか。

外観はM8と殆ど同じですね。

というかM6以降とあんまり変わってません。

f:id:me_262:20100211211140j:image:left

うちのM7と並べても多分背面の液晶を見なければ違いがわからない気がします。

やはり一番のトピックスはフルサイズCCD搭載により、今までの戦前のLマウントから最新のレンズまで、ほぼ全てのライカレンズ達がそのままの画角で使用できるという事です。M8では35mm換算で1.33倍の画角になっていたのでイマイチな感じでしたが、意外と早く解決しましたね。やっと買ってもいいかなという気にさせてくれます。

一生使えそう。まあデジタル機器は寿命が心配ではありますが。

さらにM8での赤外線フィルターの不具合によるシアンドリフト問題が、M9に搭載されたコダックの新型フルサイズCCDにより見事に解決されたそうです。

画素数は1800万画素・・・あまりに大き過ぎてデータの扱いに苦心しそう。

さらにモアレフィルターはあえて非搭載なのでシャープネスに関しては世界一でしょう。この辺はいかにもライカらしいですね。内部処理によってモアレ処理をしているそうです。

気になるお値段ですが、4850ポンド(約75万円)だそうで、フルサイズCCD搭載カメラとしては意外と安い気もしますが、やっぱり普通に高いですね。

数年後のM10が出たあたりにヤフオクで探してみようと思います。

ところで、私のM7ですが、最近ファインダー内のLEDが一部表示されなくなりました。

f:id:me_262:20100211211141j:image

別に撮影に支障はないのですが、気分はよくありません。

ライカ社に修理に出そうと思ってネットで相場を調べてみたら

「10万くらいかかるんじゃねえの?」

的な文章を見かけました。

なんかもうね、おかしいよ!!!

Leica SL2 で Macro-Elmarit-R 60mm f2.8 の描写を楽しむ

Filed in Camera Leave a comment

さて、2月前に手に入れたLeica SL2 と Macro-Elmarit-R 60mm f2.8 ですが、やっぱり一眼レフは便利ですねー。レンジファインダーでは取れない領域がラクラクです。

しかし、やたらデカイし重いしでめったに持ち歩く事はないです。大きいカメラは「本気」っぽくて気恥ずかしいのです。重くて肩もこるし。

ということで、結局は猫専用機になっています。現像すると猫の鼻先アップ写真ばかり・・・マクロレンズは楽しいです。

そんな感じで、みんな大好きMacro-Elmarit-Rの作例などをひとつ。

f:id:me_262:20090712213923j:image:left

f:id:me_262:20090712215856j:image:left


f:id:me_262:20090712213914j:image:left

f:id:me_262:20090712215427j:image:left


f:id:me_262:20090712215611j:image:left

ボケがズミクロンM35mmよりもきれいだ!

あと色が青っぽい気がする。なんとなく透明感がありますね。

でも最近はMinolta CLEがお気に入りです。

新人さんにBessa Rが売れたので、CLE用に新しいレンズなどを物色中です。

撮るよりも新しいカメラを探している時間が長い気がする・・・

, ,

Leica Flex SL2のプチ整備

Filed in Camera | カメラ修理 Leave a comment

f:id:me_262:20090619164759j:image

先日手に入れたライカフレックスSL2を整備してます。

やっぱ手に入れたマシンは掃除してから気分良く使いたいものです。

人の手あかとか気分のいいものではありませんからなあ・・・。

うちのSL2は長年の酷使により外観ぼろぼろ、応急補修のパーマセルテープでべとべと、裏蓋あたりは鼻の脂の臭い、グリップやレンズ鏡銅に手あか等々、このまま使うにはちょっとなあ・・・という状態。

f:id:me_262:20090619175847j:image:left

とりあえず補修テープを剥がして残った糊をクリーニング。

裏蓋の脂の香りも医療用アルコールで徹底的に消毒(潔癖性なので)、ファブリーズを刷り込んで消臭、靴用クリーナーで仕上げします。

f:id:me_262:20090619164932j:image:left

マクロエルマリート付属のレンズキャップ(14133)はなぜかブカブカのサイズで、レンズにはめてもすぐ外れてしまいます。改善しなくてはまともに外に連れ出せません。

用意したのは書道用の下敷きと薄手の両面テープ。

これをレンズキャップの内側に貼付けてクリアランスを詰めようという算段です。

f:id:me_262:20090619165025j:image:right

マクロエルマリートのレンズ直径は65mm、ということは

直径×円周率=円周

65mm×3.14=204.1mm

レンズキャップの奥行きが9mmなので

9mm×204mmの大きさで下敷きを切り出します。

f:id:me_262:20090619172645j:image:left

f:id:me_262:20090619173225j:image:left


切り出した下敷きを両面テープでレンズキャップ内側に貼付け。

見た目もいい感じです。



f:id:me_262:20090619185554j:image:left

さらに、ファインダー内照明用のバッテリー蓋が欠品していました。もちろんバッテリーもついてきません。

使用するバッテリーは水銀電池(MR9)。

今は生産されていないものですが、こんな事もあろうかと同じサイズの海外製電池「VARTA V625U」をストックしておいたのでそれを使用します(電圧が違うけど照明用なのでOK)。

f:id:me_262:20090619185652j:image:left

f:id:me_262:20090619190017j:image:left


欠品している蓋の代わりにパーマセルテープを3重に張ります。

パーマセルテープはつや消し黒で見た目も悪くないし、むしろ使い込んでる感が出て男らしいカメラになりました。満足です。

とりあえず気になる範囲での整備はこの辺で終わり。

それと、やっぱりテープはいやなので部品の調達をどうするか悩み中です。

,

口を滑らして Leica Flex SL2 + Macro-Elmarit-R 60mm f2.8

Filed in Camera Leave a comment

さすがに今回はカメラネタはやめようと思っていたのですが、急遽手に入れてしまったので今晩もやります。そろそろ質屋に転職しようかと思ってマス。

f:id:me_262:20090609014701j:image

というのも、先週末の酒の席で

「高橋君。ライカ買ってくれないか?」

「あーいいですよーこの位の値段で(ヒック)」

という会話がありまして。

翌日はすっかり忘れて仕事をしていたところ、突然携帯が鳴り

「高橋君。カメラ持ってきたんだけどいいか?」

「え、マジで売るつもりだったんですかアンタ」

(窓から外を見る・・・うわ、いるよホントに)


ということで今回はライカフレックスSL2マクロエルマリートです。

ライカといえばレンジファインダーカメラ。

キングオブレンジファインダーであるM3を筆頭に初代ウルライカから現代のM8.2デジタルまで、レンジファインダーカメラ専門のカメラメーカーのように錯覚してしまうライカ社ですが、一応一眼レフも作っていたりします。

あんまりやる気はなさそうですが、今でもRシリーズという一眼レフを販売中。

そんな影の薄いライカの一眼レフですが、さすがに出来はいいです。いかにもドイツ製。全ての操作感に節度があります。

ライカSL2はファインダー内に露出、シャッター速度、絞りが機械式指針で表示されます。この辺がいかにもドイツ的。

国産だときっとLEDで済ましてしまいます。

しかしでかい・・・重い・・・。

バッグに入れると紐が肩に食い込みます。

普段レンジファインダーしか使っていないトシノブは一眼レフの重さに圧倒されました。

f:id:me_262:20090609014954j:image:left

レンズはマクロエルマリート。

その名の通り、マクロレンズですので、標準で27cm(1/2倍)まで寄れます。

さらにマクロアダプターを装着する事により10cm(等倍)まで寄れます。

f:id:me_262:20090609015347j:image:left

f:id:me_262:20090609015732j:image:left


マクロアダプターを付けるとこんな感じ

f:id:me_262:20090609015845j:image

ピントの切れはいいし、これはなかなか面白いレンズです。

いい買い物でした。

ただ唯一の問題は、そんなに欲しいカメラじゃなかった事でしょうか。

これからは酒の席でも言動には気をつけようと思いました。

, ,

ロシアンライカ Zorki-4 × Jupiter-8

Filed in Camera Leave a comment

ネタが無い時はカメラネタ!(意外と検索に引っかかるし)

こんばんわ。午前0時のナイトフライヤー、ジェットトシノブです。

f:id:me_262:20090526022521j:image

以前も触れましたが、昔はカメラの転売でお小遣いを稼いでいました。主な仕入れ先はウクライナです。ロシアンカメラを個人輸入しておりました。

今回はその名残で4年ぶりくらいに手元へ帰ってきたZorki(ゾルキ)-4のお話。

Zorkiシリーズは元々、ドイツのライカコピーから始まりました。いわゆるバルナック型のライカのコピーです。

当時(1930年代~)カメラは軍需物資で、戦場には欠かせないものでした。

そこで当時のソビエトは敵国ドイツのカメラ(ライカ)をコピーして自国で生産したのです。ソビエトとドイツは国家のシステムもまるで違う別世界。特許なんて知った所じゃありません。出来上がったカメラは、まるでライカそっくりでした。

もちろん製品の精度は、ドイツマイスターが作るライカとは比べ物にならないものです。手に持った瞬間に「ああ偽物だ」とわかります。しかしそれでも撮れればオッケーなのでソビエトお得意「複数の工場による超大量生産」を行います。設計も工場ごとにバリエーションがありますがここでは割愛。

結果、世界に溢れるほどのZorkiシリーズが生産され、戦争終了後も独自の改良され続け本家ライカとは別の進化の道を辿る事となりました。

そんな「カメラ界のガラパゴス諸島」ロシアンカメラは実に愛おしい。作りの悪ささえ愛すべきカメラなのです。しかし、レンズはさすが軍事用のJupiter-8。ライカに負けてません。

f:id:me_262:20090526022814j:image:left

f:id:me_262:20090526022825j:image:left


コントラストが低いですが、そこがオールドレンズらしいと思います。

シャープなので見辛いと思う事はありません。室内で撮ると更にいいです。

f:id:me_262:20090526022728j:image:right

ちなみにZorki-4で撮る時はコシナ=フォクトレンダー製のVCメーターIIという露出計を装着しています。まあ晴天時に外で撮る分にはあまり必要を感じませんけれど、付けた方が若干カッコいい気がするので。

色も、ライカのキラキラしたメッキよりZorki-4の質の悪いざらざらメッキの方が近いのでちょうどいいです。

, ,

Minolta CLE と Leica M7 の話

Filed in Camera Leave a comment

f:id:me_262:20090520002548j:image

つい先日、縁があって(ヤフオクの操作ミスで)ミノルタCLEを手に入れました!

というのも常日頃にLeica M7を持ち歩くのは、気持ち的にも重さ的にも文字通り重荷だったのです。もし落として傷がついたらかなりショックだし、バッグに入れるとマジで重い。

こんなはずじゃなかった。

もっと気軽にスナップしたい為にM3ではなくM7を選んだのに・・・。

「小型軽量、それなりに安価で、ライカマウントのカメラがあればもっと撮影枚数も増えるかも。いや、そういうカメラが無いとスナップ写真は撮れない!手に入れなくては!」

f:id:me_262:20090520002708j:image:right

そんな経緯で今回はミノルタCLEのお話。

ミノルタCLEの前身はライツ・ミノルタCLという、ミノルタとライツ社との技術提携で生まれたライカMシリーズの廉価版カメラです。

廉価版とはいえそこはライツ社の名を冠したカメラ。内容はまさにライカM5の縮小版という高級カメラです。そのライツ・ミノルタCLの後継機種としてミノルタCLEは設計されました。

されました、が・・・

ライツ社の販売するライカMシリーズよりもハイテクなAE機能を搭載していたのです。

上位機種Mシリーズよりも高機能な下位機種など、本家ライツ社がその存在を認めるわけもありません。結局CLEはライツ・ミノルタのダブルネームも許可されず、ミノルタ単独で1981年に販売される事となりました。

その後、ライツ社は幾度の倒産の危機を迎え、オーナーも変わりライカカメラAGと社名も変え、時は21世紀。Leica M7でやっと機能的にCLEに追いつきます。

その間、20年以上。世界は既にデジタルカメラの天下でした。

日本の技術恐るべし。というか、ライカのんびりし過ぎです。


そんな事はさておき、ヤフオクの操作ミスとはいえわが家にやってきたミノルタCLEです。

小さいくせになかなかの存在感。外装がプラスチック製という事を除けばなかなかカッコいいですね。正面の赤ランプは正直ダサいですが、当時のトレンドだったのでしょう。

さて、さっそくM7に装着しているズミクロン35mm(3rd)CLEに装着s

・・・あれ?

装着はできるけど、ピントリングが回らない。いや、力一杯回せばなんとか回るけど、絶対なんかおかしい。

不安を覚えたのでいったんレンズを外してマウント周辺を観察してみました。

f:id:me_262:20090520004108j:image

あ、傷がついてる。

レンズとカメラ内部が干渉しているようです。傷は無理に回した時についたっぽい。通りで動かないわけだーあっはっはっは・・・

ちっきしょおおおおおおおお!!!!!!!!!!1111ぬ

, ,

Bolsey model C(ボルシーC型)のレストア または 破壊

Filed in カメラ修理 Leave a comment

クラカメ界の壊し屋ことトシノブです。

今週もカメラを分解!分解!

先日、久々にカメラを購入しました。

Bolsey model C(ボルシーC型)です。

f:id:me_262:20090304230542j:image

このカメラは35mmフィルムを使用する二眼レフという、結構珍しい形式のカメラです。

もともとボルシーは普通のレンジファインダーだったのですが、C型でピントグラスとファインダーレンズを無理やり増設されました。

なので、アイレベルとウエストレベル両方のファインダーが使えます。

f:id:me_262:20090304230819j:image:left

f:id:me_262:20090304230955j:image:left


両方使えるなんて便利ですね(本当はそんなでもない)

そんな事はさておき、ワタクシ、このボルシーを手に入れた次の日には早速分解しておりました。

原因は2つ。

  • フィルムを入れて巻き上げると途中でストップしてしまう。
  • シャッターチャージが手動でしかできない。

という現象が発生したからです。

ボルシーは数年前にも持っていたのですが、すぐにオークションに転売してしまったのでうろ覚え。

確かすんなり操作できたような気がする・・・。

「これはきっと故障だ!

分解して原因を確かめなければ。可能ならば修理したい!」

というわけで、ボルシーの解体ショーの始まりです。

f:id:me_262:20090308005300j:image:left

f:id:me_262:20090308005452j:image:left

f:id:me_262:20090308005702j:image:left


まずレンズ前面の銘盤を外す。ネジ2本。

その後ファインダー用・撮影用のレンズを外す。反時計回りに回すだけで外れます。

シャッター部のカバーも外す。これもネジ2本。

f:id:me_262:20090308005910j:image:left

f:id:me_262:20090308010154j:image:left


巻き上げ・巻き戻しレバーを外す。

ゆるみ防止のため一つのネジ穴にイモネジが2つねじ込まれている。

f:id:me_262:20090308010615j:image:left

f:id:me_262:20090308010825j:image:left


軍艦部を外す。裏からネジ2本。

これで中身が見れる。簡単に分解できた。

f:id:me_262:20090308010809j:image:leftなんとまあ適当なファインダー。遮光板は黒い厚紙です。

アメリカらしい合理的な仕組みです。つまり安っぽいカメラです。

ドイツならこうはならない。

歯車を眺めながら、シャッターチャージができない理由を考える。

どうやら、シャッターチャージはシャッターレリーズが兼ねているらしい。

シャッターボタンを押す力でチャージされている。

f:id:me_262:20090308015318j:image:left

f:id:me_262:20100326012451j:image:left


チャージするためにはシャッターボタンのストッパーが解除されなければならない。

これは巻き上げ時にフィルム送りギアが回転してストッパーを引き込んでいるようだ。

つまり、巻き上げができない原因を突き止めなければならないと。

巻き上げできない原因はここにあった。

巻き上げレバーにつながっているシャフトがストッパーで制御されている。

このストッパーはシャフトを引き上げると解除されるらしい。

ん・・・?引き上げる?

自動じゃないのか、そんな部品は見当たらないし。

手動で引き上げて巻き上げれば動くのか?

手動で引き上げる・・・手動・・・うーん。(チラッ)

f:id:me_262:20090308015424j:image

「LIFT SLIGHTLY AND WIND」

「LIFT」

「LIFT」

「LIFT」

ああああああ!!!!

LIFTって書いてる!!!!

巻き上げ時にちょっと引き上げろって書いてる!!!

分解する必要なかったーーーー

壊れてなかったよ、使い方知らなかっただけだよ!

泣きながら分解した手順を辿り組み立てました。

えー、ちょっと言い訳しますと

LIFTがLEFTに見えてました。

ちなみに分解ついでに注油と清掃したので動作がスムーズになりました。

払った代償として、B(バルブ)機能が全く動かなくなりました。

分解途中に小さい部品を無くしたのが原因だと思います。

差し引きゼロです。にこいちです。

,

カメラ修理中

Filed in カメラ修理 Leave a comment

f:id:me_262:20080918224335j:image

いつも夜な夜なしている事と言えばカメラ修理です(言うほどやってないけど)。

最近は「Pen F」というカメラをいじっております。

3年位前までお気に入りで使っていたのですが、巻き上げ動作中に「スルッ」と抜ける感触があり、なんでー?と思って3度目巻き上げたが最後、ミラーアップ状態でスタックしてしまいました。

それ以来、我が家の自作本棚で美しいオブジェと化しておりました。

しかし!この文化遺産をどげんかせんといかんと一念発起。やっと重い腰を上げて分解修理と相成ったわけです。

f:id:me_262:20080918232858j:image:left

さて今回のドナーであるPen Fについて、いつものようにうろ覚えで解説をさせていただきます。

Penシリーズはハーフサイズカメラです。オリンパスから30年位前に発売されておりました。「ペンのようにメモを取る感覚で、誰でも気軽に写真を撮ろう」とかいうコンセプトで、大ヒットを記録します。

誰でも撮れるというコンセプトからもわかるように、基本的に廉価なモデルが主なのですが、その中でも高級モデルもいくつか登場します。

その中の一つが世界唯一のハーフサイズ一眼レフ、Pen Fシリーズなのです。

いい響きですね。唯一神、孤高の存在。

悪く言えば一発屋。

f:id:me_262:20080918235229j:image:left

というわけでセレブ御用達のこのカメラを修理中な訳ですが、やっぱり一眼レフはめんどくさいですなー。レンズシャッター機は今まで数十台修理してきたわけですが、こいつは全然違う。小型化したボディにメカがびっしりです。そろそろ飽きてきたので途中で投げ出したくなってきました。

お金が絡まないと手が動かない性分です。就職する前はカメラで小銭稼ぎしてたので修理は好きだったんですけど。ロシア、ウクライナ、南アフリカやアメリカから仕入れてました。

いわゆるヤフオク界で忌み嫌われる転売屋erです。

ライカ 12504フード

Filed in Camera Leave a comment

銀座のカメラ屋で12504フード買いました。

f:id:me_262:20100326003129j:image

現行品(角形プラスチック)も持ってるけど、ズミクロンにはやっぱり切り欠き円形金属フードだよねーって事で。

表示がデジタル調なので、おそらく後期型?なのだろう。

傷一つない新品同様です。

うーむ、やはりカッコいい!

キャップがつけれないのでレンズ保護用のフィルターを買おうと思う。

フィルターなんかにはライカ製は買えないなー・・・欲しいけど。

ケンコーあたりで探してみようっと。

, ,

TOP