Home > ITネタ > iLife’09で心霊写真の検索

iLife’09で心霊写真の検索

先日、Appleの統合エンタメツールiLife’09が発売されました。

その中でもiPhoto’09「人々」機能(自動人物認識)がすげー事になっているご様子。

なので早速アップルストアでワンクリックしてみましたー!

iPhoto’09iLife’09に入っている写真整理ツールです。

日付やイベントごとに写真を整理整頓、スライドショーやカレンダーにして楽しむ事が出来る便利な機能満載のアプリケーションなのですが、iPhoto’09ではその整理整頓機能に、人の顔を自動認識して検索できたり、ジオタグ(GPS機能付きのカメラ利用時に緯度・経度情報を写真に埋め込む機能)を利用して地図に表示出来るようになりました。

今回はその中の顔認識機能、「人々」機能で遊んでみたレビューです。


写真をiPhoto’09のライブラリーに読み込むと自動的に顔認識を開始します。

そして、その人の顔に名前を付ければ、以後似たような顔がある場合にiPhoto’09が『この人は○○さんですか?』と聞いてくれるので、OKかNOで答えて行けばいいわけです。

最初のうちは精度がいまいちですが、整理を進めて行くうちに精度もあがっていきます。結構賢いです。

f:id:me_262:20100326010640j:image

人がいっぱいいると大変。

知らない人の顔は認識から外す事もできます。

ちなみに説明書には、

『対応するのは人間のみで、動物は認識できないよ』

って書いてましたが、なんと猫でもいけました。

f:id:me_262:20100326010641j:image

ポン太認識

f:id:me_262:20100326010642j:image

名前を付けて以降、iPhoto’09がポン太を自動認識してくれる。

ちなみに猫カフェで撮った写真には反応しませんでした。今のところうちのポン太限定機能です。

Appleの想定外に可愛い猫なので、誤作動を起こしているのかもしれません。

罪ポン太です。


さて、ここでiPhoto’09の隠れ機能を一つ紹介します。

どんどん名前の登録をすすめていくうちに、風景の一部が認識されている事があります。

その部分をよく見ると、顔っぽい時があります。

f:id:me_262:20100326010643j:image

たぶん心霊写真です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks:0

Listed below are links to weblogs that reference
iLife’09で心霊写真の検索 from dreamsequence log
TOP