Home > カメラ修理 > Kodak Retina IIIC(大窓)のレストア09 ファインダー部の分解

Kodak Retina IIIC(大窓)のレストア09 ファインダー部の分解

駆動系のほとんどの部品を外して洗浄・注油した後にくみ上げた。

そしていざ巻き上げ・・・する前にふとファインダーを覗いて距離をあわせてみたら、二重像が思いっきりズレてた。無限はもちろん、上下像まで。なんてこったい!

おそらくファインダーブロックを装着したままカナズチでぶっ叩いたり、逆さにして押し付けたりしたのが原因。光学部はおっかないのでなるべく手をつけない方針だったのが、かえって災いした!大事なところは外して保管が大原則なのだ。まぬけだー。

距離計の調整は以前、大戦前のレチナで経験済み。これも楽勝で調整できるだろうと思っていた。

実際似たような仕組みだったので調整する箇所もわかっていたのだけど、ボディに装着したままだと調整がしにくい。小窓のレチナのファインダーブロックとも大分構造が異なるようだ。

数日悩んで、意を決してファインダーブロックを外す事にした。

f:id:me_262:20100116012320j:image

ファインダーブロックは上部のネジ2本で外れる。

光学系が横切る経路の下だ。実に面白い。

f:id:me_262:20100116012321j:image

f:id:me_262:20100116012322j:image

ファインダーブロックを外したら調整に入る。

距離計の無限は偏芯ネジと底上げネジ(と名づけた)で調整。上下像はハーフミラーのステー固定ネジを緩めて調整。ミクロン単位の作業だ。

f:id:me_262:20100116012323j:image

距離を合わせて組み上げる。どうもレバーの動きが悪いようだ。レバー支点のカニ目ネジの締め付けトルクを緩めて注油。スムーズになった。

f:id:me_262:20100116012324j:image

30回くらいやり直しつつ調整完了!

ファインダーブロックを組みなおし、軍艦部を装着してひとまず完成。

まだまだ納得いかない部分もあるけど・・・

f:id:me_262:20100116012325j:image

完調なレチナに比べると全然巻き上げの感触が違うのだ。なぜかゴリゴリとしている。シャッターユニットと巻き上げユニットの両方が原因のようだが、いまいちハッキリとしない。

またジャンク品を手に入れたら手を入れてみようと思う。

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks:0

Listed below are links to weblogs that reference
Kodak Retina IIIC(大窓)のレストア09 ファインダー部の分解 from dreamsequence log
TOP