Home > Camera > Minolta CLE用にVoigtlander Nokton Classic 40mm F1.4

Minolta CLE用にVoigtlander Nokton Classic 40mm F1.4

f:id:me_262:20090917175246j:image

長野県の株式会社コシナのフォクトレンダーブランドより発売されているノクトン・クラシック40mm(シングルコーティング版)を手に入れました!

というのも、本当はミノルタCLE用にはライカのズミクロン35mmというレンズでいくつもりだったのですが、こんな理由で使えない事が判明。カラースコパー35mmを使用してはいたものの、若干デザインに違和感があり、そもそもCLEのファインダーフレームも35mmに対応していないという現実。

(CLEは28mm 40mm 90mmに対応している)

「ここはやはり40mmレンズを買わなければ!!」

ライカM7を使うのがもったいないとの理由でCLEを買ったつもりが、いつの間にか趣旨を忘れてCLE専用のレンズを買うはめになったわけであります。

もはや手段の為に目的を選ばない状態ですね。

世の中に流通している40mmレンズは実は数が少なく、ロッコール/ズミクロン40mm f2.0と、今回のフォクトレンダー・ノクトンクラシック40mm f1.4しかありません。

ロッコールのコンパクトさも捨てがたかったのですが、ここはやはりf値の大きなノクトンクラシックを選択しました。ロッコールは20年以上前の製品で不安もあったしね。

f:id:me_262:20090917175428j:image:left

ということで毎度前置きが長いですが、ノクトンクラシックです!!

f1.4の大口径ですが、本体は超コンパクト。

さすが実質CL/CLE専用に作られたレンズだけあって、本体とのマッチングも問題無しです。

本当はマルチコーティング版が欲しかったのですが、どうやら限定で発売されたシングルコーティング版の方が流通量が多いのか、それしか見つけられませんでした。まあ比較記事読む限りは違いは殆ど無いようなので気にしない事にします。

f:id:me_262:20090917175544j:image:right

レンズキャップはバネで固定するタイプ。

現代風な仕組みで凝った造りですが、凝り過ぎててあまり格好よくありません。

うっかり脱落の危険性が無いのは良い事だと思うんだけど・・・

全体的にはとても造りがいい感じがします。

CLE以外で使うとフレームが微妙に合わないのが難点です。

f:id:me_262:20100211211138j:image:left

さて、さっそく撮影に出かけてきたわけですが、そこで気がついた点が一つあります。

ファインダーフレームの40mm対応はいいのですが、同時に28mmフレームも出てしまうという事。

こんなことされちゃったら、28mmレンズも欲しくなっちゃうじゃないか・・・!


, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks:0

Listed below are links to weblogs that reference
Minolta CLE用にVoigtlander Nokton Classic 40mm F1.4 from dreamsequence log
TOP