Home > Camera | カメラ修理 > Kodak Retina IIIC(大窓)のレストア03

Kodak Retina IIIC(大窓)のレストア03

今日はレンズ換装に手をつけマス。

f:id:me_262:20100115020311j:image

まず交換予定のレンズをそろえてみる。

手持ちの前群レンズはクセノン1個だけ。

f:id:me_262:20100115020312j:image

後群レンズはヘリゴンの他、ジャンクから2個。計3個。

ああっ、レンズの名前が書いてない・・・・・!!

ヘリゴンなのかクセノンなのかわからーん!!

もしかしてエクターレンズってヤツ?レチナcシリーズでは見たことがないけど、なにかで読んだ気がする。もしくは生産時期の違いで形が違うのかも?ネットで調べてみたけどそれらしい記述はみつからない。

しかも並べて写真撮ってたら、混ざってしまったよ。エヘヘ

f:id:me_262:20100115020313j:image

面倒になってきたので3分の1の確率を期待して選んだ。

レチナc型以降のレンズマウントはバヨネット式を採用しているので交換はワンタッチ。ただし、レンズの種類が一致している必要がある。なぜならクセノンモデルとヘリゴンモデルではレンズマウントが異なるからだ。

ジャンクと大窓のシャッターユニット。

f:id:me_262:20100115020314j:image

シャッターユニットにレンズマウントが付いているので、シャッターごと交換する予定だった。しかし、ジャンクのシャッターユニットは不動品。あわあわ。

なのでシャッターユニットからマウントを外して交換をすることにした。

どんどん面倒くさい方向に・・・。

さらに問題発生!

交換予定のクセノンレンズのf値は2.0。しかしレンズマウントの表記はf2.8までだった。

f:id:me_262:20100115020315j:image

なんということだ!せっかくの明るいレンズがf2.8までしか使えないではないか!

・・・と、思っていたら絞り指標があっさり外れた。これで問題解決。

f2.0に付け替える。

f:id:me_262:20100115020316j:image

外した部品はジッポオイルで洗浄する。

ついでにシャッターユニットもベンジンで洗浄。

古いオイルと鉄粉がぼろぼろ落ちてくるーウヒョー!

f:id:me_262:20100115020317j:image

ジッポオイルの乾燥後にレンズを組む。

とりあえずレンズは完成!

ピントが合ってるか心配だなあ。

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackbacks:0

Listed below are links to weblogs that reference
Kodak Retina IIIC(大窓)のレストア03 from dreamsequence log
TOP