Bolsey model C(ボルシーC型)のレストア または 破壊

Filed in カメラ修理 Leave a comment

クラカメ界の壊し屋ことトシノブです。

今週もカメラを分解!分解!

先日、久々にカメラを購入しました。

Bolsey model C(ボルシーC型)です。

f:id:me_262:20090304230542j:image

このカメラは35mmフィルムを使用する二眼レフという、結構珍しい形式のカメラです。

もともとボルシーは普通のレンジファインダーだったのですが、C型でピントグラスとファインダーレンズを無理やり増設されました。

なので、アイレベルとウエストレベル両方のファインダーが使えます。

f:id:me_262:20090304230819j:image:left

f:id:me_262:20090304230955j:image:left


両方使えるなんて便利ですね(本当はそんなでもない)

そんな事はさておき、ワタクシ、このボルシーを手に入れた次の日には早速分解しておりました。

原因は2つ。

  • フィルムを入れて巻き上げると途中でストップしてしまう。
  • シャッターチャージが手動でしかできない。

という現象が発生したからです。

ボルシーは数年前にも持っていたのですが、すぐにオークションに転売してしまったのでうろ覚え。

確かすんなり操作できたような気がする・・・。

「これはきっと故障だ!

分解して原因を確かめなければ。可能ならば修理したい!」

というわけで、ボルシーの解体ショーの始まりです。

f:id:me_262:20090308005300j:image:left

f:id:me_262:20090308005452j:image:left

f:id:me_262:20090308005702j:image:left


まずレンズ前面の銘盤を外す。ネジ2本。

その後ファインダー用・撮影用のレンズを外す。反時計回りに回すだけで外れます。

シャッター部のカバーも外す。これもネジ2本。

f:id:me_262:20090308005910j:image:left

f:id:me_262:20090308010154j:image:left


巻き上げ・巻き戻しレバーを外す。

ゆるみ防止のため一つのネジ穴にイモネジが2つねじ込まれている。

f:id:me_262:20090308010615j:image:left

f:id:me_262:20090308010825j:image:left


軍艦部を外す。裏からネジ2本。

これで中身が見れる。簡単に分解できた。

f:id:me_262:20090308010809j:image:leftなんとまあ適当なファインダー。遮光板は黒い厚紙です。

アメリカらしい合理的な仕組みです。つまり安っぽいカメラです。

ドイツならこうはならない。

歯車を眺めながら、シャッターチャージができない理由を考える。

どうやら、シャッターチャージはシャッターレリーズが兼ねているらしい。

シャッターボタンを押す力でチャージされている。

f:id:me_262:20090308015318j:image:left

f:id:me_262:20100326012451j:image:left


チャージするためにはシャッターボタンのストッパーが解除されなければならない。

これは巻き上げ時にフィルム送りギアが回転してストッパーを引き込んでいるようだ。

つまり、巻き上げができない原因を突き止めなければならないと。

巻き上げできない原因はここにあった。

巻き上げレバーにつながっているシャフトがストッパーで制御されている。

このストッパーはシャフトを引き上げると解除されるらしい。

ん・・・?引き上げる?

自動じゃないのか、そんな部品は見当たらないし。

手動で引き上げて巻き上げれば動くのか?

手動で引き上げる・・・手動・・・うーん。(チラッ)

f:id:me_262:20090308015424j:image

「LIFT SLIGHTLY AND WIND」

「LIFT」

「LIFT」

「LIFT」

ああああああ!!!!

LIFTって書いてる!!!!

巻き上げ時にちょっと引き上げろって書いてる!!!

分解する必要なかったーーーー

壊れてなかったよ、使い方知らなかっただけだよ!

泣きながら分解した手順を辿り組み立てました。

えー、ちょっと言い訳しますと

LIFTがLEFTに見えてました。

ちなみに分解ついでに注油と清掃したので動作がスムーズになりました。

払った代償として、B(バルブ)機能が全く動かなくなりました。

分解途中に小さい部品を無くしたのが原因だと思います。

差し引きゼロです。にこいちです。

,

部屋のリフォーム日記2

Filed in DIY Leave a comment

今日も日付の詐称でエントリー!

事務所の新しい複合機に接続できなかった村八分のトシノブです。

Windows7のバカバカ!!

前回の続きです。

さて、天井の一部の壁紙が簡単にはがれるのを確認したので、次は壁紙を張り替え作業です。

・・・と思っていたのですが、案外大変そうです。

そこで、もっと簡単そうな壁の塗り替えにチャレンジしてみることにしました。

まずは塗料のテストです。

何色にするか?水性・油性どちらにするか?ツヤあり・ツヤ消しどちらにするか?を選択します。

一番作業しやすそうな壁の壁紙だけを剥がし(まだ決心がついてないので全部剥がさない)、凹凸や穴をつぶすため耐火ボードにパテを盛ります。

f:id:me_262:20100326012027j:image:left

f:id:me_262:20100326012028j:image:left


セメント(グレー)も使ってみたけど粒子が粗すぎて失敗。

クルマ補修用のポリパテ(青と黄色)は滑らかに仕上がるが、硬化すると硬すぎてペーパーがけがめんどくさかった。

f:id:me_262:20100326012029j:image:left

f:id:me_262:20100326012030j:image:left


パテで全部凸凹をつぶしたらペーパーがけ、そしてサフェーサーをかける。

このへんはクルマのレストアと同じ。

f:id:me_262:20100326012031j:image:left壁用のローラーを使って塗装する。

刷毛で塗るよりテクスチャーがランダムな仕上がりでいい感じ。

f:id:me_262:20090303140104j:image

最初はツヤありベージュを塗ってみました。

うーん・・・しっくりこない。

続く。

TOP